日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもながんの検査

膀胱がん

ぼうこうがん

手順

①尿検査/尿の細胞診

  ▼

②膀胱尿道造影

  ▼

③膀胱鏡検査/生検(病理診断)

 泌尿器系では最もよくみられるがんで、表在がんと浸潤(しんじゅん)がんに分けられます。

 表在がんであれば致命的にはなりませんが、再発を繰り返すのが特徴で、浸潤がんに進むこともあります。浸潤がんでは、他の部位へ転移している確率が高くなります。

●おもな症状

 無症候性(とくに症状がない)の血尿が特徴です。60歳以上で血尿がある場合はとくに要注意。がんが進行すると排尿時の痛み、頻尿(ひんにょう)、尿閉、排尿困難などを伴うことがあります。

膀胱尿道造影と膀胱鏡検査が中心に

 膀胱(ぼうこう)がんの診断はまず尿検査を、次いで膀胱尿道造影(参照)を行います。尿検査では、血尿と尿中に出てくるがん細胞の検出(尿細胞診)が主になります。

 これらの検査でがんが疑われたら、膀胱鏡検査を行います。この検査は、長さ30㎝くらいの細い金属製の筒を尿道口から挿入して、膀胱と尿道の様子を観察します。腫瘍の有無、その性質などが診断でき、検査と同時に病変も採取(生検)して診断を確定します。

 また、膀胱がんでは双手診(そうしゅしん)と呼ばれる触診を行うこともあります。これは、直腸指診と同様に肛門(女性では腟)から指を入れ、さらに片方の手を腹部にあてて、膀胱をはさみこむようにして調べ、がんの大きさや硬さ、進展具合を診断します。

 その他、おもにがんの浸潤や転移の様子を調べるために超音波やCT、MR(参照)など、また、尿路の変化をくわしく調べるために腎盂(じんう)造影(参照)を行うこともあります。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について