日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:腫瘍マーカーの検査  > 肺がんマーカー

おもな検体検査:腫瘍マーカーの検査

肺がんマーカー

はいがんマーカー

基準値

 シフラ………3.5ng/ml(EIA法)

 SCC  ………1.5ng/ml(EIA法)

 NSE  ………10ng/ml

 ProGRP………46pg/ml

 SLX  ………38U/ml

 肺がんのマーカーとしては、シフラ(サイトケラチン19)とSCC(扁平上皮がん関連抗原)、NSE(神経特異エノラーゼ)、ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)、SLX(シアリルSSEA-1抗原)が測定されています。

 肺がんは、組織学的には扁平上皮がん、腺がん、小細胞がんに分類されますが、シフラとSCCは扁平上皮がん、NSEとProGRPは小細胞がん、腺がんにはSLXが特異的とされています。

●シフラ(サイトケラチン19)

 サイトケラチンは、上皮性細胞に広く存在しています。そのうちの19フラグメントは、正常でも上皮細胞にごく微量存在しますが、肺(気管支)とくに扁平上皮がんで大量かつ高率に検出されます。

 しかし、肺がん以外でも咽頭炎、気管支炎、肺結核、皮膚疾患、慢性肝疾患、腎不全などでも検出されるので、臨床解釈には注意が必要です。

●SCC(扁平上皮がん関連抗原)

 SCCは当初、子宮頸(けい)がん患者の組織から分離・精製されましたが、肺や頭頸部、食道などの扁平上皮がん患者の血清中に、高濃度に存在することが確認されました。子宮頸がんや肺がん、頭頸部がん、食道がん、皮膚がんで検出されるとともに、これらの良性疾患でも検出されます。

●NSE(神経特異エノラーゼ)

 NSEは、神経組織や神経内分泌細胞に特異的に存在するエノラーゼ(蛋白の一種)で、組織の腫瘍化に伴って血液中に上昇します。

 肺がんや神経芽細胞腫、膵がんで上昇します。肺小細胞がんでは60~80%が陽性となり、非小細胞がんでは10~20%の陽性率ですが、陽性の場合は予後が不良です。

●ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)

 ProGRPは小細胞がん細胞内で産生され、血中に放出されます。肺小細胞がんの特異的なマーカー(35~75%)として検査されます。肺の大細胞がんや扁平上皮がんでも陽性(10~20%)になります。

●SLX(シアリルSSEA-1抗原)

 SLXは、ムチン型糖鎖蛋白で、胎生期に形成される気管支腺細胞に存在します。肺がん(腺がん)で陽性となるほか、気管支炎や肺線維症、気管支拡張症、肺結核でも陽性になります。

疑われるおもな病気などは

◆シフラが上昇する病態

 ①肺がん:扁平上皮がん>腺がん、小細胞がん

 ②その他のがん:食道がん、咽頭がん、膀胱がん、子宮頸がん、胃がん、大腸がん、膵がん、前立腺がん

 ③良性呼吸器疾患:咽頭炎、気管支炎、肺炎、肺結核

 ④その他の良性疾患:胃潰瘍、皮膚疾患、慢性肝炎、腎不全

◆SCCが上昇する病態

 ①肺がん:扁平上皮がん>腺がん、小細胞がん

 ②その他のがん:子宮頸がん、頭頸部がん、食道がん、皮膚がん

 ③良性疾患:呼吸器疾患、婦人科疾患、頭頸部疾患、消化器疾患

◆NSEが上昇する病態

 ①肺がん:小細胞がん>扁平上皮がん、腺がん

 ②神経内分泌腫瘍:神経芽細胞腫、インスリノーマ、甲状腺髄様がん

 ③膵がん:膵島がん

◆ProGRPが上昇する病態

 ①肺がん:小細胞がん

 ②腎不全

◆SLXが上昇する病態

 ①肺がん:腺がん>小細胞がん、扁平上皮がん

 ②呼吸器良性疾患:細気管支炎、肺線維症、気管支拡張症、肺結核

▲医師が使う一般用語:

シフラ→「シフラ」

SCC→「エスシーシー」=squamous cell carcinoma(扁平上皮がん関連抗原)の略SCCから

NSE→「エヌエスイー」=neuron specific enolase(神経特異エノラーゼ)の略NSEから

ProGRP→「プロジーアールピー」=Pro-gastrin-releasing peptide(ガストリン放出ペプチド前駆体)の略ProGRPから

SLX→「エスエルエックス」=siaryl Lewis X-i抗原の略SLXから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.