日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:腫瘍マーカーの検査

前立腺特異抗原(PSA)と類似物質

ぜんりつせんとくいこうげん(PSA)とるいじぶっしつ

基準値

4.0ng/ml

年 齢     カットオフ値

49歳以下…………2.5ng/ml

50歳代……………3.5ng/ml

60歳代……………4.5ng/ml

70歳代……………5.5ng/ml

*4.0~10.0ng/mlがグレイゾーン

〈基準値〉とは、スクリーニング(ふるい分け)検査によって異常を検出するための判定基準で、病気を診断するための基準ではない。一方、〈カットオフ値〉とは、異常の有無を判定するための検査の判定値。

加齢とともに上昇

 PSAは、前立腺の組織から分泌される糖蛋白です。PSAは前立腺の腺上皮で産生されて精漿中に分泌され、精漿液凝固物質の液化に関連しています。

 PSAの基準値は一応、4.0ng/mlと考えられていますが、加齢とともに上昇するため、右に示したように年齢別設定が行われています。4.0~10.0ng/mlがグレイゾーンとされています。

3つの方法での鑑別

 PSAは、前立腺がんばかりでなく、前立腺肥大症でも血中濃度が上昇するので、3つの方法での鑑別が行われています。

 ひとつは経時的な観察で、1年間に0.75ng/ml以上の上昇では前立腺がんの確率が高くなります。

 もうひとつはPSA密度で、これはPSA値を前立腺の容積で割ったもので、高値であれば前立腺がんの疑いが高く、内視鏡下で病変を少し採取して調べる生検(せいけん)を行う必要があります。

 これらは多少煩雑なので、いちばん簡単な方法として検査されているのが遊離型と総PSAの比率です。

 前立腺がんでは、PSAと結合する蛋白も合成されるため、遊離型が減って遊離型/総PSA比は低値になりますが、前立腺肥大症では蛋白が合成されないため、遊離型/総PSA比は高値になります。

▲医師が使う一般用語:「ピーエスエー」=prostate specific antigen(前立腺特異抗原)の略PSAから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について