日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:腫瘍マーカーの検査

CA19-9

基準値

37Ug/ml以下(EIA法)

膵臓がんで高値に

 自覚症状が少なく、早期発見が難しい膵(すい)臓がんの診断としては、逆行性膵胆管造影(参照)や腹部超音波(参照)、腹部CT(参照)などが行われています。血液検査では膵酵素のアミラーゼ(参照)、リパーゼ(参照)などとともに、腫瘍マーカーとしてCA19-9を測ります。

 CA19-9は、がん化した膵細胞がたくさんつくり出すため、膵臓がんで特異的に上昇します。しかし、全例が高値になるわけではなく(80%の陽性率)、また病気が進行しないと高値にならないこともあります。そこで膵臓がんでは、CA19-9だけでなくCEAとあわせて測定すると正診率(正しい診断の比率)は上昇します。

 CA19-9は、ルイス抗原(血液型の表現のひとつ)が陰性の人(日本人では5~6%)の場合は、膵臓がんでも高値になりません。この場合は、ほかの腫瘍マーカー(CEAやDupan-2、Span-1)によって検査します。

 膵臓がんの症状として血糖(参照)が高くなることがあります。糖尿病を治療している場合で、血糖のコントロールが急に悪くなったときは膵臓がんも疑い、CA19-9の測定を含め、一度はがんのチェックをすべきです。

胆道がんでも上昇

 CA19-9は、消化器系がんを中心とした腺細胞由来のがんで高値になり、膵臓がんのほか胆道がんで高率に陽性になりますが、大腸がんの陽性率は高くありません。

 なお、腺細胞とは消化器や生殖器の一部分をつくっている細胞のことで、一方、食道や皮膚、粘膜、気管支などをつくっている細胞を扁平上皮細胞といいます。

検査値からの対策

 CA19-9が2倍以上の高値のときは、膵臓をはじめとする消化器系の臓器など、腺細胞でできている臓器にがんがあるかどうかを、腹部超音波や腹部CTなどで精密検査します。扁平上皮細胞のがんでは、ほかの腫瘍マーカー(SCCなど)が上昇します。

 CA19-9が2倍以内の上昇でも、がんの存在を疑って検査を進めますが、がん以外でもこの程度は上昇することがあり、がんが見つからないときは経過を観察します。がんによってCA19-9が上昇するときは、経時的に上昇することも特徴のひとつです。

疑われるおもな病気などは

◆高値→がん:膵臓、胆道、胆嚢(たんのう)、大腸、胃、肝臓

   その他:膵炎、膵嚢胞、胆石など

▲医師が使う一般用語:「シーエージューキューのキュー」「シーエーナインティーンナイン」=colorectal carcinoma antigen(消化器がん関連抗原)19-9の略CA19-9から

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について