日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:感染症の検査  > 結核菌検査

おもな検体検査:感染症の検査

結核菌検査

けっかくきんけんさ

基準値

陰性(-)

結核菌とは

 結核菌は、ヒトに結核症をひきおこす抗酸菌で、自然環境には存在していません。吸入されて肺に到達した結核菌は、肺胞マクロファージに貪食(どんしょく)されますが、完全には殺菌されずに細胞内寄生体として静かに存続し、増殖を続けます。

 結核症の発病は、感染者の免疫力と関係し、免疫力が低下すると再び活発に活動を始めます。感染者の10~20%が発病します。

 結核症には2つのタイプがあります。他人にうつす怖れのある活動性結核患者(感染性患者)と、うつす心配のない非活動性結核患者(非感染性患者)です。

 結核症は、活動性結核患者からの飛沫(ひまつ)感染、あるいは飛沫核感染によって伝播します。飛沫核感染とは、病原体を含んだ飛沫の液体成分が蒸発し、飛沫の中の核が空中を長時間浮遊して広範囲に広がることで、感染者との密接な接触がなくても、飛沫核を吸い込むことで感染します。

治療期間は6~9カ月くらい

 結核菌の検出は、痰(たん)の抗酸菌染色(チール・ネルゼン染色)や培養により行います。しかし、抗酸菌染色では、結核菌とほかの抗酸菌との鑑別ができず、培養では結核菌の発育までに1カ月が必要なため、最近では遺伝子検査による迅速かつ特異的な検索を行うようになりました。

 結核症は、早期に発見して治療すれば、一般に2~3カ月で菌が出なくなります。この期間は感染防止のため入院し、あとは外来治療となります。治療期間は合計で6~9カ月くらいです。

 我が国の結核症患者は、以前は若年層が大部分でしたが、最近では高齢者が多くなってきています。これは若い時期に感染した結核の発病(再燃)ばかりでなく、細胞性免疫力の低下による再感染が考えられています。結核は、適切な治療を初回に確実に行うことにより、再発を防ぐことができます。

▲医師が使う一般用語:「テーベー」=ドイツ語のTuberkulose(結核)の略TBから。もしくは「けっかく」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.