日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:感染症の検査

HCV抗体

HCVこうたい

基準値

陰性(-)(PHA法・CLEIA法)

HCVとは

 肝炎ウイルスのひとつhepatitis C virus=C型肝炎ウイルスのこと。このウイルスによっておこるC型肝炎に感染しているか否かを調べる検査がHCV抗体検査。

C型肝炎ウイルスの有無を調べる検査です。陽性の場合、肝機能をくわしく検査します。陽性でも肝炎を発症していない場合は定期的に検査します。

C型肝炎ウイルスに感染すると陽性に

 C型肝炎ウイルス(HCV)に感染しているか否かを調べる検査です。C型は、ほとんどが輸血により感染し、輸血後の急性肝炎の95%はC型の感染で発症します(残り5%はB型)。

 C型肝炎は、A型やB型ウイルスに比べて、AST(参照)やALT(参照)の上昇は軽度のことが多いのですが、その多く(40~50%)は慢性肝炎へ移行してしまう特徴があります。さらに、その慢性肝炎は20~30年で肝硬変となり、その後数年で、多くの例では肝臓がんを発症してしまいます。ごくまれに、輸血以外に接触感染や家族内感染もすることがあるといわれています。

陽性でも肝炎を発症しないこともある

 肝炎ウイルスは、ほかのウイルスと異なり肝細胞のみに感染し、増殖します。

 C型肝炎ウイルスに感染しても、ときに肝炎を発症しないでウイルスが持続的に存在していることもあります(キャリアー)。しかし、長い経過のうちには肝炎が発症することが多いので、定期的な(6カ月ごとくらい)血液検査でのチェックは必要です。

 近年では、輸血時のHCV検査が厳重に行われているため、輸血によるC型肝炎は減少しています。

陽性のときは肝機能をくわしく検査

 血清を用いて測定します。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

 スクリーニング検査では、HCV抗原は測定せず、HCV抗体を測定し、感染の有無をチェックします。HCV抗体が陽性の場合、現在または過去のウイルス感染を示しており、血液検査(AST、ALTなど)を追加し、肝機能障害がないかどうかを調べます。

 肝機能障害を認めたら、腹部超音波(参照)や腹部CT(参照)などでさらに精密検査を行い、慢性肝炎、肝硬変、また肝臓がんが疑われるかなどの検査をします。肝硬変になっていれば、3カ月ごとの超音波は欠かせません。

 また、HCV抗体陽性の慢性肝炎に対して、インターフェロン療法を行うことがあります。この場合には、HCV抗原検査を行い、量的変動を観察します。

▲医師が使う一般用語:「エッチシーブイ」=hepatitis C virus(C型肝炎ウイルス)の略HCVから。ときに「シーがた」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について