日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:免疫血清検査

抗CCP抗体

こうCCPこうたい

基準値

陰性(-)

関節リウマチで高率に陽性

 今までは、関節リウマチに対してはリウマトイド因子(→参照)のみが臨床的に使用されていた唯一の自己抗体でしたが、そこに新しく登場したのが抗CCP抗体です。関節リウマチになると関節の滑膜に環状シトルリン化ペプチド(CCP)と呼ばれる抗原物質がたくさん出現します。抗CCP抗体は、この抗原に対してのみ特異的に反応します。

 抗CCP抗体は、数年経過した関節リウマチでは70~85%が陽性となり、これはリウマトイド因子や後述するMMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ-3参照)の70%より高率です。

早期発見・診断に重要な検査

 近年、関節リウマチの治療法が大きくかわってきました。例えば薬物療法では、抗リウマチ薬(DMARDs)、ステロイド、非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)に加えて、高い治療効果が期待できる生物学的製剤も開発されて、予後の改善だけでなく治癒することも望めるようになってきました。

 そのためには、早期発見・早期診断が重要です。さまざまな検査をしても、そのときは関節リウマチと確定診断ができない病態を「診断未確定関節炎」と呼びますが、抗CCP抗体はこういった時期から陽性となるため、早期発見・早期診断の検査として期待されています。

 診断未確定関節炎の状態で抗CCP抗体が陽性の場合は、将来、関節リウマチになる可能性が高く、また陽性の場合は陰性の場合より重症になりやすいことがことがわかっています。そのため、この検査は、2007年4月から保険の適用となりました。

疑われるおもな病気などは

◆陽性:関節リウマチ、関節リウマチを重複した膠原病(シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス)

▲医師が使う一般用語:「コウシーシーピーコウタイ」あるいは単に「シーシーピー」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について