日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:電解質の検査

カルシウム(Ca)

カルシウム

基準値

8.5~10.5mg/dl(比色法)

副甲状腺に腫瘍ができてホルモンの分泌が過剰になると血液中のカルシウムが増加(左図)。血液中のカルシウムが減少すると骨からカルシウムが出ていき、それが進むと骨がスカスカになり、骨折しやすくなる(右図)
副甲状腺や骨などの病気を調べるための重要な検査です。異常値は命にかかわることがあるため、早急な対処が必要です。

副甲状腺機能亢進症、骨の病気などで高値に

 カルシウムとは、骨や歯の形成、神経・筋の興奮、血液の凝固などにかかわっている電解質(陽イオン)です。カルシウムは、原因不明の体重減少、食欲不振、口渇(こうかつ)、多尿などのさまざまな症状があるとき、また、副甲状腺や骨の病気を疑うときに検査します。

 体内のカルシウムの99%は骨や歯の細胞にあり、残りの1%が体液中に存在します。

 血液中のカルシウムは、副甲状腺ホルモンとビタミンDによって、一定に調節されています。副甲状腺ホルモンは、骨からカルシウムを吸収して血液中へ出す働き、また、腎(じん)臓でのカルシウムの排泄を抑えて血液中へ出す働きをしています。

 しかし、副甲状腺に腫瘍ができてホルモンの分泌が過剰になると、これらの働きが強くなって、血液中のカルシウムは高値になります。これが副甲状腺機能亢進症です。

 その他、骨折やがんの骨への転移、多発性骨髄腫など骨の病気でも、カルシウムが高値になります。

副甲状腺機能低下症などで低値に

 ビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収を亢進させる働きをしています。ビタミンDが欠乏すると吸収力が低下して、血液中のカルシウムが低値になります。これを補うために骨からカルシウムが出ていき、血液中のカルシウム値を保とうとするため、それが進むと骨がスカスカになってしまい、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になります。また、副甲状腺機能低下症では、副甲状腺ホルモンが減少するために血液中のカルシウムは低値になります。

異常値が出たら、早急に対応

 血清を用いて、自動分析器で測定します。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。異常値が出たら、原因を明らかにするために、ホルモン(参照)や腫瘍マーカー(参照)の血液検査、心電図(参照)、骨などのX線撮影を行います。

 カルシウム値は、病気を診断するために重要であるとともに、カルシウムのイオンが異常なためにおこる体の変化は、生体にとって大変重要なため、早急に対応する必要があります。カルシウムは、骨の形成にかかわるほか、神経や心臓の筋肉の働きにも関係しています。基準値の2倍以上の高値になると筋力低下、不整脈(期外収縮)、意識障害などをおこしてしまいます。一方、低カルシウム血症では、神経や筋肉の異常興奮が生じ、けいれんや心ブロックをおこして危険です。

疑われるおもな病気などは

◆高値→副甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍(食道・卵巣・乳・胃など副甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍)、骨へのがん転移、多発性骨髄腫、ビタミンD過剰など

◆低値→副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏症、くる病、慢性腎不全、栄養障害など

▲医師が使う一般用語:「カルシウム」ときに「カル」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について