日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:電解質の検査  > カリウム(K)

おもな検体検査:電解質の検査

カリウム(K)

カリウム

基準値

3.5~5.0mmol/l(イオン電極法)

強い嘔吐や下痢が続くとカリウムが減少(左図)。腎不全で尿量が減少すると、カリウムが増加(右図)
強い嘔吐・下痢があるときや、内分泌や腎機能の異常が疑われるときに行う検査です。異常値は命にかかわることがあるため、早急な対処が必要です。

嘔吐や下痢、内分泌の病気などで低値に

 カリウムとは、神経の興奮や心筋の働き(収縮)を助ける、生命活動の維持調節に重要な電解質(陽イオン)です。カリウムは、強い嘔吐(おうと)や下痢があるときや、内分泌の異常などが疑われるとき検査します。

 体内のカリウムは、嘔吐や下痢が強いと、吐物や便とともに体の外に出てしまい、低値になります。また、腎(じん)臓からカリウムが異常に失われるとき(腎血管性高血圧、クッシング症候群、利尿剤を多飲したときなど)に低値になります。

 体内のカリウムのほとんど(98%)は細胞内に存在し、細胞外液(血液中)には2%ほどしかありません。糖尿病でインスリン(参照)を過剰に注射すると、カリウムは血液中の糖分とともに細胞の外から細胞内に移動してしまい、血液中では低値になってしまいます。

腎不全で高値に

 カリウムは、腎機能障害が考えられるときにも調べます。体内のカリウムの90%は、尿から体外へ出ていきます。そのため、腎機能が低下する腎不全で尿量が減少すると、血液中のカリウムは高値になります。

 また、何らかの原因で細胞内に多く存在するカリウムが、細胞外液中へ移動してしまうと、血液中のカリウムは高値になります。これは、強心薬のジギタリス薬を内服したり、降圧薬のひとつβ(ベータ)-遮断薬を内服したり、またインスリン欠乏でもみられます。

 その他、カリウムの多い食物を食べ過ぎたり、輸血やカリウムを多く含んだ輸液の点滴などで高値になります。

異常値が認められたら、ただちに再検査

 血清を用いて、自動分析器で測定します。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

 カリウムは、神経や心臓の働きを助ける因子で、体にとっては大変重要な物質です。高過ぎても低過ぎても心臓や神経、筋肉の働きが変化してしまいます。

 高値(6.5mmol/l以上)では心電図(参照)に異常が現れ、反対に低値(3.0mmol/l以下)では全身のけいれんや筋力低下、意識障害などをおこしてしまいます。

 異常値が認められたら、ただちに再検査し、さらに原因となる病気を確定するための血液検査などの追加検査を行います。異常なカリウム値は早急に正常に戻さないと、生命にとって大変危険です。

疑われるおもな病気などは

◆高値→腎臓での排泄低下:腎不全、アジソン病など

    過剰摂取:食事、輸血、輸液、薬剤など

    細胞内からの移動:インスリン欠乏、降圧薬・ジギタリス薬の影響、アシドーシスなど

    その他:溶血、白血球増多、血小板増多など

◆低値→喪失:嘔吐、下痢、吸収不良症候群、利尿薬の影響、クッシング症候群など

    摂取不足:絶食、食欲低下など

▲医師が使う一般用語:「カリウム」ときに「カリ」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.