日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:血液生化学検査

グリコアルブミン、1,5-アンヒドログルシトール

グリコアルブミン、1,5アンヒドログルシトール

■基準値と血糖コントロールの目安

《グリコアルブミン(%)》

●基準値 12.0~16.0%

●血糖コントロールの目安

 優良 16.0未満

 良好 16.1から20.0

 不良 20.1から24.0

 きわめて不良 24.1%以上

  

《1,5-アンヒドログルシトール(μg/ml)》

●基準値 14.0以上

●血糖コントロールの目安

 優良 10.0~13.9

 良好 6.0~9.9

 不良 2.0~5.9

 きわめて不良 1.9以下

血糖のコントロールの指標として有用

●グリコアルブミン

 アルブミン(参照)は、他の蛋白と同様に一部がブドウ糖と結合しグリコアルブミンとして存在します。アルブミンの半減期は約20日なので、グリコアルブミンは過去1~2週間の平均血糖値を反映し、血糖のコントロール指標として有用です。

 グリコヘモグロビン(参照)は過去1~2カ月の平均血糖値を反映していますが、これでは急激に血糖コントロールが改善している場合や逆に悪化している場合には、動きが緩やか過ぎるために反映できず、グリコアルブミンが有用となります。

●1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)

 1,5-アンヒドログルシトールは、日常に摂取する多くの食物中に含まれており、経口摂取されます。ふつうの食事による1日の摂取量は、およそ3~10mgとされています。これは、腎(じん)臓の糸球体で濾過(ろか)されますが、そのほとんどが尿細管で再吸収され、1日の尿中排泄と経口摂取量がほぼ均衡するため、血液中の濃度はほぼ一定しています。

 糖尿病で尿中へのブドウ糖が増加すると、尿細管での1,5-アンヒドログルシトールの再吸収は、ブドウ糖と構造が似ているため競合阻害を受け、尿中への排泄が増加します。このため、血液中の1,5-アンヒドログルシトールは減少します。

▲医師が使う一般用語:「グリコアルブミン」。「イチゴエージー」または「エージー」=1,5-anhydroglucitolの略1,5-AGから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について