日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液生化学検査  > HDLコレステロール

おもな検体検査:血液生化学検査

HDLコレステロール

HDLコレステロール

基準値

40~100mg/dl

HDLコレステロールとは

 コレステロールやトリグリセリド(→参照)などの脂質は血液には溶けない。このため、アポ蛋白という蛋白と結合し、血液に溶ける形になって全身に流れていく。これをリポ蛋白と呼び、比重の違いからカイロミクロン、VLDL、LDL(低比重リポ蛋白)、HDL(高比重リポ蛋白)の4つに大別できる。このうちのHDLに含まれるコレステロールをHDLコレステロールという。

HDLが減少すると、コレステロールが肝臓に運ばれず、動脈硬化の原因に
血液中の脂質の量を調べる検査です。ほかの脂質と異なり、低値の場合が要注意です。女性は男性に比べて高値です。

低値が続くと動脈硬化に

 前項のLDLコレステロール(→参照)と同様、HDLコレステロールも動脈硬化をチェックする重要な検査です。

 HDLは、末梢組織にあるコレステロールを肝臓に運搬する働きをしているため、HDL中のコレステロールが多い場合は末梢組織のコレスロールが少なくなり、逆に少ない場合はコレステロールが十分に肝臓に運ばれずに末梢組織に残り、動脈硬化をおこします。

 HDL中のコレステロールが40mg/dl未満になると動脈硬化になりやすくなり、冠動脈疾患(狭心症、急性心筋梗塞(こうそく))、脳梗塞などの脳血管障害をおこしやすくなります。

 一方、高値の場合は動脈硬化になりにくく、長生きの人には80mg/dl以上が多いといわれ、これを長寿症候群といいます。

女性は男性より高値

 検査は直接法で行います。女性は男性に比べて高値で、これは女性ホルモンがHDLコレステロールを上昇させるためと考えられています。

 HDLコレステロールは、喫煙や肥満、運動不足などでも低下します。また食事や飲酒の影響を受けるため、検査前12時間以上は絶食、禁酒・禁煙します。検査前日の夕食は高脂肪食や高カロリー食を控えめにしてください。

低値でも総コレステロールが低値なら問題ない

 HDLコレステロールの基準値は40~100mg/dlで、下限値は病態識別値(動脈硬化性疾患)です。HDLコレステロールが40mg/dl未満を低HDLコレステロール血症といいます。

 HDLコレステロールは総コレステロール(参照)と関係しており、HDLコレステロールが低値でも総コレステロールが低値であれば、とくに問題になりません。逆に、HDLコレステロールが高値でも総コレステロールが極めて高値の場合は運動や食事(コレステロールや脂肪のとり過ぎなど)で改善することが必要です。

 また、総コレステロールを下げる目的で服用する薬剤の中にはHDLコレステロールも低くするものがあります。これでは動脈硬化の予防には十分ではないため、医師に薬剤の効用を確かめることが肝要です。

■HDLコレステロール値と冠動脈疾患合併率
(日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」より)
疑われるおもな病気などは

◆高値→長寿症候群、薬剤(クロフィブレート、HMG-CoA還元酵素阻害剤)の影響、CETP欠損症など

◆低値→動脈硬化、LCAT欠損症、糖尿病、肝硬変、腎透析など

▲医師が使う一般用語:「エッチディーエル」もしくは「エッチディーエルコレステロール」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.