日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

おもな検体検査:血液一般検査

白血球表面マーカー

はっけっきゅうひょうめんマーカー

基準値

諸条件により変動する

白血球数の増減や免疫異常などを調べる検査

 白血球の表面には、さまざまな抗原(糖蛋白)が存在し、これを表面マーカー(指標)と総称しています。このマーカーを、モノクローナル抗体を使って分類したものをCDといいます。例えば、CD3はTリンパ球の表面にあるマーカーで、その数を調べるのが白血球表面マーカー検査です。おもなマーカーは、下表のようにCD番号で分類されています。

 この検査は、白血球数の増減が認められるときや、免疫異常が示唆される場合に行います。

エイズではCD4とCD8の比が減少

 免疫異常の代表的な病態のエイズでは、感染するとエイズウイルスがヘルパーT細胞(免疫反応を促進するリンパ球)を障害し、一方、サプレッサーT細胞(免疫反応を抑制するリンパ球)は障害されません。そのため、ヘルパーT細胞は減少し、サプレッサーT細胞は減少しないため、CD4とCD8の比が減少し、感染していることが疑われます。その他、末梢血液中のリンパ球マーカー検査と血液腫瘍細胞のマーカー検査が臨床上、大切です。

 白血病、悪性リンパ腫では、その悪性細胞がどの細胞に由来するかを検索し、由来細胞を推定することで適切な治療・薬剤を選択できます。

 なお、この検査の基準値は、モノクローナル抗体の種類や測定する機種、方法などにより微妙に変動するため、それぞれの施設ごとに設定しています。

■おもな白血球表面マーカー
CD番号……抗原分布、反応細胞
CD2……Tリンパ球、NK細胞
CD3……Tリンパ球
CD4……ヘルパー/インデューサー Tリンパ球
CD8……サプレッサー/細胞傷害性 Tリンパ球、NK細胞
CD19……Bリンパ球
CD21……成熟Bリンパ球
CD13……骨髄球、単球、尿細管上皮
CD14……骨髄球、単球
CD34……造血幹細胞
CD56……NK細胞、神経芽細胞腫

▲医師が使う一般用語:「ひょうめんマーカー」もしくは「シーディー」

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について