日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > おもな検体検査:血液一般検査  > 白血球数

おもな検体検査:血液一般検査

白血球数

はっけっきゅうすう

基準値

3500~9000/μl

白血球とは

 血液中に含まれる好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球の総称(次項参照)。これら白血球は、生体内に侵入した細菌やウイルスなどの微生物を取り込んで破壊したり(食作用)、免疫抗体をつくってこれらを殺したりする(免疫反応)働きをしている。

炎症の有無や免疫反応の異常などを調べる検査です。白血球数は生理的変動が大きいため、基準値外なら数日後に再検査をします。

炎症や免疫反応の異常で高値に

 細菌やウイルスなどによって体内のどこかに炎症がおこると、これらの外敵を排除しようとして、血管の辺縁にいた白血球がどんどん血液中に出てきます。すなわち、血液中の白血球数が増加しているということは、何らかの炎症や免疫反応の異常がおこっていることを意味します。ただし、炎症があまりに重症になると、かえって減少する場合もあります。

 〈疑われる病気〉に示した扁桃炎、肺炎、胆嚢(たんのう)炎などの細菌感染症や白血病などが疑われるときは、まずこの検査を行います。

盲腸の手術の指標

 盲腸(急性虫垂炎)で、手術をするかしないかの指標となるのは白血球数で、1万/μl以上だと手術を行います。また、2万/μl以上になると、蜂窩織炎(ほうかしきえん)(蜂巣炎(ほうそうえん))という重症炎症の状態になったことがわかります。

低値になると防御機構が低下

 白血球数が3000/μlを切ると、外界からの微生物の侵入に対する防御反応(免疫反応)が低下して、病気にかかりやすくなります。

 白血球をつくる骨髄の障害(再生不良性貧血や放射線・薬剤による骨髄障害)や、白血球を壊す脾臓(ひぞう)の機能の亢進(こうしん)が疑われるときも、白血球数を調べます。

生理的変動の大きい白血球

 赤血球数と同様、自動血球計数器で測定されます。白血球数が1万/μl以上を白血球増多症、3000/μl以下を白血球減少症と診断します。

 白血球数は、生理的に変動します(上表)。筋肉運動やストレスなどによって上昇し、食後は10~15%上昇、また喫煙でも上昇します。

基準値外なら数日後に再検査

 白血球数は生理的変動が大きいので、3~7日後に再検査して増減を判定します。増加している場合はCRP(参照)やシアル酸などの炎症マーカーを測定し、血清蛋白分画(参照)も参考にします。

 著しく増加している場合は、白血病などの悪性の病気が強く疑われるため、次の項で述べる白血球分類(→参照)で未熟白血球(芽球)の出現を確認します。

■白血球数の生理的変動
・日内変動:夕方>朝
・食事  :食後30分~1時間で上昇し、5~6時間持続
・妊娠  :増加
・精神的 :感情的ストレスで上昇
・新生児 :2万~2万5000/μlに上昇
・筋肉運動:10~20%の上昇が認められる
疑われるおもな病気などは

◆高値→細菌感染症(扁桃炎、肺炎、胆嚢炎、腎盂(じんう)炎、急性虫垂炎、蜂窩織炎)、白血病、外傷など

◆低値→再生不良性貧血、悪性貧血、骨髄障害(放射線、薬剤)、脾(ひ)機能亢進症など

▲医師が使う一般用語:「ワイセ」=「白い」を意味するドイツ語から。その他、「ダブリュビーシー」=white blood cell(白血球)の略WBCから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.