日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 病院で受ける検査事典  > 画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査  > 胆嚢胆管造影検査(点滴静注法)

画像などによるおもな生体検査:消化器系の検査

胆嚢胆管造影検査(点滴静注法)

たんのうたんかんぞうえいけんさ(てんてきじょうちゅうほう)

■胆石
胆嚢の中に石がダルマのように2つ重なりあって、うっすらと黒く写っている。
造影剤を点滴し、X線撮影を行います。検査前にはなるべく排便を。約2時間半ほどかかりますが、苦痛はありません。

胆石(胆管結石)、胆嚢がん(胆道がん)の診断に重要な検査

 胆石(たんせき)の発作は、油物をたくさん食べ、アルコールをたくさん飲んだときにおこりやすく、右季肋(きろく)部(右肋骨部)の激しい痛みと嘔吐(おうと)、黄疸(おうだん)、発熱などを伴い、入院治療が必要な病気です。

 胆石の診断法のひとつとして、胆嚢(たんのう)造影が行われます。胆嚢は軟らかな組織でできており、ふつうの腹部単純X線撮影(参照)では写らないので、造影剤を使って検査します。

 胆嚢を写す場合を〈胆嚢造影検査〉と呼び、胆管を写す場合を〈胆管造影検査〉と呼びますが、一度に胆嚢と胆管の両方を造影して検査するのが一般的です。胆石のほか、胆嚢がん、胆嚢ポリープ、胆管結石、胆道がん、慢性膵(すい)炎、膵頭部がんを調べるときにも、この検査を行います。

洋梨状の中に黒い丸があるのは胆石

 胆嚢は、約40mlの液体を貯留できる大きさで、造影すると西洋梨状に白く写ります。胆嚢に石があると黒く丸い影が写り、体の位置により石の影は胆嚢の中を移動します。

 胆嚢がんでは、胆嚢壁と癒着(ゆちゃく)した10mm以上の表面に、凹凸(おうとつ)のある黒く抜ける腫瘤影がみられます。良性のポリープでは、大きさは10mm以内と小さく、表面は滑らかな影で、がんと区別ができます。

 胆管に石があると、胆管は太くなり、その中を上下に移動する黒く丸く抜ける影として写ります。胆道がんでは、胆管が不整に狭くなり、その上方は太くなります。

検査は約2時間半、苦痛はない

 検査前日の夕食は、夜8時前に済ませます。当日の朝は絶食で、常用の薬も飲めません。

 検査着に着替え、検査台にあお向けに寝て、造影剤(ヨード剤)を30~40分かけて点滴静注します。注射終了後30分、60分、90分にそれぞれ立位、あお向け、うつ伏せで撮影。その後、胆嚢を収縮させる薬を飲んで30分後に再び立位、あお向け、うつ伏せで撮影。最後に立位で胆嚢部を圧迫しながら撮影して終了です。約2時間半かかりますが、苦痛はありません。

検査後の軟便や下痢便は1~2回で正常に

 検査当日は、なるべく排便しておいてください。検査後、造影剤や胆嚢収縮剤の影響で、軟便や下痢便になることがありますが、1~2回で正常になります。

 ヨード剤にアレルギーのある人や妊娠中あるいはその可能性のある人は、この検査は行いません。医師にその旨を告げてください。喘息(ぜんそく)やそばアレルギーのある人、腎(じん)機能の悪い人も注意が必要です。事前に申し出てください(参照)。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆胆石→腹部超音波、腹部CTなど

◆胆嚢がん→腹部超音波(生検)、腹部CT、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)など

◆総胆管結石→MR(MRCP)、逆行性(膵)胆管造影など

▲医師が使う一般用語:「ディーアイシー」=drip infusion cholecystography(点滴静注胆嚢胆管造影)の略DICから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.