日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

病院で受ける検査事典

画像などによるおもな生体検査:脳神経系の検査

腰椎穿刺検査(脳脊髄液検査)

ようついせんしけんさ(のうせきずいえきけんさ)

脳や髄膜の変化が疑われる場合に行う検査です。局所麻酔を行うので、検査中の痛みはありません。検査後、枕を使わずに1~2時間、上向きで安静にします。

髄膜炎やクモ膜下出血などの診断に行う検査

 脊髄(せきずい)は、脳幹から腰へと伸びているひも状の組織で、脳と脊髄は頭蓋骨や脊柱という骨によって守られています。この組織と骨の間に流れている透明な液体を、脳脊髄液あるいは髄液といいます。

 腰椎穿刺(せんし)は、この髄液を腰部の脊髄腔(くう)に針を刺して調べる検査で、激しい頭痛や嘔吐(おうと)、発熱などの症状があって脳や髄膜の変化が疑われたとき、すなわち髄膜炎や脳腫瘍、クモ膜下出血などの診断をするときに行います。

 また、虫垂炎の手術のときに行う腰椎麻酔も腰椎穿刺で行います。

髄膜炎では髄液の圧が上昇

 細菌やウイルスが髄膜に感染して髄膜炎をおこすと、正常圧70~180mmH2Oの髄液圧が200mmH2O以上に上昇します。

 髄液中の細胞数も増加し、原因が細菌では多核球、ウイルスではリンパ球が増えています。

 髄液中の糖の値も重要で、細菌性では細菌による糖の分解で、糖の数値が減少します。ウイルス性では減少していません。

両手で両膝を抱えて検査

 左側臥位(そくがい)になり、両膝頭を腹部につくように曲げ、両手でその両膝を抱えます。頭は前胸部に寄せ、腰を後ろに突き出してエビのような格好になります。この姿勢は、針を刺す椎間腔(ついかんくう)が広くなり、いちばん穿刺しやすい格好になるので重要です。第3、第4腰椎間を穿刺します。

 姿勢ができたら、穿刺する部位を消毒し、局所麻酔薬を注射します。チクッとした痛みはありますが、すぐに麻酔が効き、局所の痛みは感じなくなります。穿刺針が入ってくるとき、痛みはありませんが、圧迫される感じはあります。穿刺針が神経に触ると足がビリッとします。

 脊髄腔に針先が入ったら髄液の圧力を計り、細胞数や蛋白、糖を測定するため、5~6mlの髄液をとります。圧を測定したり髄液を採取するとき、痛みはありません。検査は5~6分で終了します。検査後、枕をしないで1~2時間、上向きで安静にしています。

症状があったら医師に伝える

 検査当日の飲食は普通にとってかまいません。検査後、頭痛や頸(けい)部痛、背部痛、腰痛、複視などの症状が出る場合があります。一般に数日以内に回復しますが、なんらかの症状がみられたら医師に伝えてください。

 髄膜炎では、治療中(2~3週後)に治ったことの確認のため、腰椎穿刺の再検査を行います。検査は、繰り返し行っても危険はありません。

■髄液の検査結果
《正 常》
 [液 圧]70~180mmH2O
 [外 観]水様透明
 [細胞数]0~5/mm3(おもにリンパ球)
 [ 糖 ]50~75mg/dl
 [蛋 白]10~40mg/dl
《細菌性髄膜炎》
 [液 圧]上昇
 [外 観]水様透明~混濁
 [細胞数]高度上昇(おもに多核球)
 [ 糖 ]減少
 [蛋 白]上昇
《ウイルス性髄膜炎》
 [液 圧]上昇
 [外 観]水様透明
 [細胞数]上昇(おもにリンパ球)
 [ 糖 ]不変
 [蛋 白]軽度上昇
《クモ膜下出血》
 [液 圧]高度上昇
 [外 観]血性~黄
 [細胞数]軽度上昇(おもにリンパ球)
 [ 糖 ]減少
 [蛋 白]高度上昇
疑われるおもな病気の追加検査は

◆髄膜炎→頭部CT、MRなど

◆脳腫瘍→頭部CT、MR、PET-CT、頭部血管造影、眼底検査など

◆クモ膜下出血→頭部CT、MRなど

▲医師が使う一般用語:「ルンバール」=lumbar puncture(腰椎穿刺)のlumbarから

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「病院で受ける検査事典」検索サービスは、「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について