日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > お知らせ  > 今年もよろしくお願いいたします
印刷

お知らせ

今年もよろしくお願いいたします

日経Goodayから、新年のごあいさつ

 

あけましておめでとうございます。日経Gooday編集長の寺西と申します。

いつも、日経Goodayをご愛読いただきありがとうございます。今年も、編集部はみなさまの健康に役立つ情報を掲載すべく日々頑張っていきます。

昨年は、キュレーションサイト(=情報を整理整頓してくれる「まとめ」サイト)が世間を騒がせましたが、日経Goodayは医師などの専門家にきちんと取材し、信頼できる情報を読者のニーズに合わせて提供していく姿勢で頑張ってまいりますので、ぜひともよろしくお願いいたします。

さて2017年、日経Goodayのスタートは特集から。新春大特集「体も脳も若返る! 【健康寿命】の延ばし方」を本日からなんと12回にわたって掲載してまいります。

1日公開の特集記事「この異常値が危ない!? 健診で分かるあなたの『健康年齢』」では、健康度の新たな指標として注目されている「健康年齢」に注目しました。健康年齢とは、健診データなどから全般的な健康度を判定し、それを年齢で表すもの。これを自分の健康度を高める指標として役立てるように取り上げました。ぜひともご覧ください。

今年こそ運動するぞ!という方には、正月2日公開の「ウォーキングの新常識は『ただ歩くだけではダメ!』」をご覧ください。運動不足解消に一番手軽に始められるのがウォーキングですが、そのウォーキング領域で、ここ数年、大きなトレンドになっているのが「ただ歩くだけではダメ!」という新常識。この記事ではそのエッセンスをお伝えします。

年末年始の宴会や、寝正月のせいで、すっかり夜型の生活リズムになった人には、正月3日公開の記事「寝正月で崩れた睡眠サイクルをリセットするワザ」をご覧になってください。

今年も日経Goodayでは、みなさまのお役に立つ記事をどんどん掲載していきます。

ぜひとも、引き続き日経Goodayをご愛顧いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.