日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

外傷:その他の外傷・環境障害

クラゲ刺傷

クラゲししょう、Jellyfish sting

吉岡 敏治

どんな外傷か

 クラゲの触手にある刺胞(しほう)から、有毒物質が注入されて発症する皮膚炎です。

 クラゲ、イソギンチャク、サンゴなどの腔腸(こうちょう)動物には刺胞があります。触手に触れるとこの刺胞が発射され、皮膚に突き刺さって毒物が注入されます。

 非常に強い毒性があるものは少ないのですが、毒のある腔腸動物は70種類にのぼり、なかにはオーストラリアや東南アジアにいるボックスジェリーフィッシュのように、刺されると死亡に至るものもあります。

症状の現れ方

 触手に触れると同時に激しい痛みが走り、露出部位には線状に並ぶじんま疹に似た発疹が現れます。そののちに、潰瘍となることもあり、重症になると嘔吐、呼吸困難を起こすことがあります。

治療の方法

 残っている触手を除去し、局所症状に対してはステロイド含有軟膏を塗ります。重症の時は呼吸・循環管理が必要です。

応急処置はどうするか

 刺された部位をこすらないで、残っている触手は軍手などを着用してていねいに取り除いてください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について