日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

外傷:顔面外傷

網膜振盪症

もうまくしんとうしょう、Commotio retinae

坪田 一男、鹿島 みのり

どんな外傷か

 外傷のうち比較的その外力が弱い場合に生じる網膜の白色混濁のことで、視力に影響しないことが多く、受傷後1~2週間で自然に治ります。

 なお、網膜剥離(もうまくはくり)などとの区別が必要になります。

症状の現れ方

 鈍的外傷により生じる他の障害の症状を合併していることが多いのですが、網膜振盪症自体の自覚症状は乏しいのが普通です。ただし、黄斑部(おうはんぶ)という網膜の中心部に混濁が及ぶと視力低下の原因になりえます。

検査と診断

 視力・眼圧・細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査および眼底検査が必要です。

治療の方法

 治療を必要としないことが多いのですが、網膜に変性を起こし、網膜機能が低下して回復しないこともあるため、注意深く経過を観察する必要があります。また、外傷性虹彩炎(こうさいえん)、前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)、虹彩離断(こうさいりだん)、網膜剥離などの合併に注意が必要です。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について