日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

外傷:外傷による出血

出血性ショック

しゅっけつせいショック、Hemorrhagic shock

山崎 元靖

 出血性ショックとは、出血のために重要な内臓の有効な血流が維持できず、細胞機能が保てなくなる時の症候群です。一般的には血圧が低下しますが、実は血圧が低下する前に、その他の症状が先に現れていることが多いので、血圧が下がり始める前に出血性ショックの有無を判断し、迅速な処置や救急車要請、病院への搬送を行う必要があります。

 血圧の測定以外に、出血性ショックの症状が出現する顔色、呼吸、脈拍、皮膚を観察する必要があります。初期症状としては頻脈(ひんみゃく)(脈拍数の増加)と、皮膚の症状(皮膚が冷たく、青白くなり、冷や汗が出る)が代表的です。このような症状があれば、血圧が低下していない場合でも出血性ショックの可能性があるので、急いで救急隊に連絡し、病院へ搬送しなければいけません。

 主な出血性ショックの症状を出血量別に示します(表1)。

表1 主な出血性ショックの症状

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について