日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

外傷:外傷による出血

外出血

がいしゅっけつ、External hemorrhage

山崎 元靖

 循環血液量の約15%を失うと、脈拍が速くなったり、呼吸回数が増えたり、不安、恐怖、敵意などの精神症状が現れたりします。また、40%以上の血液を失うことは、ほぼ致死的といわれています。

 外出血は、病院に到着する前でも直接圧迫止血によって止血することがたいていできるので、一般市民が止血法を学ぶことはとても有用です。

 四肢にある血管は最も太いものでも直径1㎝程度なので、傷口のなかにある血管の場所を含めてしっかり手で圧迫すれば、止血できないことはほとんどありません。落ち着いて傷口全体をガーゼなどで圧迫しましょう。ガーゼがすべて血液を吸収してベトベトになったら、新しいガーゼと交換します。なお、床や衣服に広がっている血液は、約30㎝四角で100mlと概算することができます。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について