日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

遺伝的要因による疾患:遺伝性のがん

神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)

しんけいせんいしゅしょう1がた(レックリングハウゼンびょう)、Neurofibromatosis type 1 (von Recklinghausen's disease)

小杉 眞司

どんな病気か

 この病気の症状のうち、カフェオレ斑(ミルクコーヒー色の色素斑)は出生時、びまん性神経線維腫・視神経膠腫(ししんけいこうしゅ)は幼児期、骨変化は学童期、皮膚の神経線維腫は思春期、神経線維肉腫は成人期に、それぞれ現れます。虹彩(こうさい)小結節、腋窩(えきか)斑、高血圧が起こることもあります。日本人の発生頻度は、3000人に1人です。

原因は何か

 NF1遺伝子の変異です。同じ遺伝子が原因でも、同一家系内で症状に大きな差があります。常染色体優性(じょうせんしょくたいゆうせい)遺伝形式で伝わります。

検査と診断

 遺伝子診断を行わなくても、両親にNF1変異があった場合は、通常5歳までにカフェオレ斑が見つかることで診断が確定します。

治療と管理方針

 小児でカフェオレ斑を指摘されたら、皮膚科・眼科・整形外科・小児科での診察と、頭部/眼窩(がんか)MRⅠを1年に一度は受けるようにします。

 成人の患者さんでは、皮膚科の診察を1年に一度、眼科・整形外科・神経内科の診察を1年に一度受けます。血圧も時々チェックしてください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について