日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

遺伝的要因による疾患:遺伝性のがん

家族性乳がん・卵巣がん

かぞくせいにゅうがん・らんそうがん、Familial breast cancer, Familial ovarian cancer

小杉 眞司

どんな病気か

 常染色体優性(じょうせんしょくたいゆうせい)遺伝する乳がん卵巣がんです。乳がん・卵巣がんの発症年齢は平均44歳と、非遺伝性のものより若く、日本人では全乳がんの5~10%が家族性乳がんといわれています。

原因は何か

 主な原因遺伝子が2つ見つかっています。BRCA1とBRCA2です。

検査と診断

 家系から遺伝性の疑われる乳がんの患者さんに遺伝子変異の見つかる割合は、BRCA1で20%、BRCA2で20%です。未知の遺伝子変異があり研究段階です。

 男性の両側乳がんの患者さんでは、BRCA2に遺伝子変異が見つかることがあります。

治療と管理方針

 遺伝子検査により、BRCA1変異があれば卵巣がんのリスクがありますが、BRCA2変異であれば、そのリスクはやや低いといえます。発症前遺伝子診断の適切な年齢は20歳以上です。欧米では予防的乳房切除が考慮されますが、日本では一般的ではありません。

 遺伝子変異が見つかった人、あるいは家系内でリスクが高いと考えられる人については、20代から乳がん、30代から卵巣がんに対する検診を6カ月に一度受けることをおすすめします。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について