日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

遺伝的要因による疾患:先天性代謝異常症

先天性代謝異常症とは

せんてんせいたいしゃいじょうしょうとは、Inborn error of metabolism

岡野 善行

 食物から摂取された炭水化物、蛋白質、脂肪はそれぞれの栄養素へ分解され、その必要に応じて、体の組織づくりの材料や活動するためのエネルギーへ利用されています。こうした化学的な活動を「代謝」といいます。

 この代謝に、生まれつきの異常(遺伝子の異常)のため、ある特定の蛋白質(たんぱくしつ)の合成障害が起こり、病気として発症する場合を先天性代謝異常症と呼んでいます。

 現在まで、数百種類以上の病気が知られ、それぞれの病気の頻度は大部分が数万人~100万人に1人と、比較的まれな遺伝性疾患です。特殊な検査と治療を要することが多いため、それぞれの病気について専門の病院へ受診し、治療を受けることが重要です。

 以下、代表的な病気について解説します。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について