日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

感染症・食中毒など:細菌・ウイルスなどによる感染症/眼・耳・鼻・のど

細菌性(感染性)結膜炎

さいきんせい(かんせんせい)けつまくえん、Bacterial (infectious) conjunctivitis

下村 嘉一

どんな感染症か

 結膜炎を引き起こす細菌には、インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、淋菌(りんきん)などがあります。

 通常よくみられる細菌性結膜炎は乳幼児や学童期に多く、原因菌にはインフルエンザ菌が最も多いようです。発症時期は冬期が多く、感冒(かんぼう)(かぜ)にかかった時に起こりやすいといわれています。

 肺炎球菌の場合は、インフルエンザ菌に比べて罹患年齢はやや高い傾向にあります。黄色ブドウ球菌による結膜炎は、高齢者の慢性細菌性結膜炎の代表的な病気です。淋菌性結膜炎は性行為感染症(STD)のひとつで、これについてはコラムを参照してください。

症状の現れ方

 病原菌により、症状に多少の差があります。

 インフルエンザ菌や肺炎球菌の場合は、結膜の充血と粘液膿性の眼脂(がんし)(めやに)が現れます。肺炎球菌の場合は、時に小点状の出血斑や軽度の結膜浮腫(むくみ)も現れます。

 黄色ブドウ球菌の場合は、成人では眼瞼結膜炎(がんけんけつまくえん)の形で慢性的にみられることが多く、角膜にも病変が存在することもあります。

検査と診断

 眼脂の培養を行い、病原菌の検索と薬剤の感受性試験を行うことが基本ですが、症状からほぼ類推することができます。

治療の方法

 それぞれの病原菌に対する感受性の高い抗生物質や、抗菌薬の点眼が処方されます。

病気に気づいたらどうする

 眼科専門医を受診してください。

淋菌(りんきん)による結膜炎

 淋菌による結膜炎(淋菌性結膜炎)は、性行為感染症(STD)のひとつです。感染した人との性行為や、感染した女性が出産する時に胎児に感染(産道感染)します。結膜炎発症までの潜伏期間は1~3日ですが、早期破水のある時は、より早い時期に発症します。高齢者ほど重症になりやすいといわれています。

 大部分が両眼性です。化膿度が非常に強く、大量の膿性クリーム状眼脂(がんし)(めやに)が特徴で、うみが閉じた目からあふれ出てくることが多いようです。極度の結膜充血や結膜浮腫(むくみ)も現れます。時に、角膜穿孔(かくまくせんこう)(穴があく)を起こす角膜潰瘍を合併することがあり、最も重い結膜炎のひとつです。

 なお、髄膜炎菌(ずいまくえんきん)による結膜炎も淋菌によるものと似ていますが、これは菌が髄膜など全身に広がるのが特徴です。

 検査は、眼脂の培養を行い、病原菌の検索と薬剤の感受性試験を行うことが基本ですが、病状から類推することが可能です。

 治療は、ペニシリン系抗生物質が第一選択薬です。近年、ペニシリン耐性(薬が効かない)の淋菌が増加しているので、注意が必要です。

 病気に気づいたら、必ず眼科専門医を受診してください。

下村嘉一

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について