日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

皮膚の病気:毛の異常

抜毛癖(トリコチロマニア)

ばつもうへき(トリコチロマニア)、Trichotillomania

嵯峨 賢次

どんな病気か

 自分で毛を引き抜いたり、毛を根元で折ることにより頭部に毛の短い部分が現れます(図103)。

 頭の毛だけではなく眉毛、まつ毛が抜けていることもあります。

原因は何か

 欲求不満や精神的ストレスが原因になっています。多くは小学生、幼稚園児などの小児に現れますが、大人にも発症します。爪を噛んだり、指を吸ったり、チックと呼ばれる周期的に繰り返す筋肉の収縮などが同時に認められることもあります。

 本人が毛を抜いていることを自覚していることもありますが、まったく気づいていないこともあります。

症状の現れ方

 境界がはっきりした髪の短い部分が前頭部、側頭部などに認められます。眉毛、まつ毛、腋毛(えきもう)、陰毛に現れることもあります。手の届く範囲や、利き手側に多く現れます。脱毛部が類円形の時は円形脱毛症のように見えることがあります。

 毛の先端は折れたように、あるいは引きちぎられたようにざらざらしています。円形脱毛症のように毛が抜けやすくなっていることはありません。

検査と診断

 心理検査や性格検査を行います。

治療の方法

 自分で毛を抜いていることを指摘することにより脱毛が止まることがあります。難治の場合は心理カウンセリングや精神神経科での治療を必要とします。

病気に気づいたらどうする

 抜毛癖なのか、あるいは円形脱毛症などの他の脱毛症なのか区別することが大切です。

図103 抜毛癖

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について