日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

皮膚の病気:細菌感染で起こる皮膚病

皮膚抗酸菌感染症

ひふこうさんきんかんせんしょう、Cutaneos mycobacterial infection

多田 讓治

どんな病気か

 皮膚抗酸菌感染症は、皮膚結核(けっかく)皮膚非結核性抗酸菌症(ひけっかくせいこうさんきんしょう)およびハンセン病に分けられます。

 結核は、戦後、化学療法の進歩によって非常に減少しましたが、1980年代以後は増加傾向となりました。結核緊急事態宣言が出された1999年以後、種々の結核対策が施行され、罹患(りかん)率は徐々に低下しています。皮膚結核は、全結核のなかに占める割合は少なく、皮膚の病気のなかでも非常にまれです。

 非結核性抗酸菌症は、以前は非定型(ひていけい)抗酸菌症と呼ばれていましたが、現在ではそれぞれの菌の名前を付けて、マイコバクテリウム・マリヌム感染症のように呼ばれるようになりました。

 ハンセン病は、1996年4月に「らい予防法」が廃止され、通常の感染症として治療されています。

 以下、それぞれについて項を改めて解説します。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について