日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

皮膚の病気:細菌感染で起こる皮膚病

紅色陰癬

こうしょくいんせん、Erythrasma

多田 讓治

どんな病気か

 大人の股や腋(わき)の下など皮膚が擦れやすいところにできやすい病気で、蛍光(けいこう)ジフテロイドという特殊な細菌による感染症です。

原因は何か

 蛍光ジフテロイドは常在菌ですが、糖尿病・肥満・多汗症の患者さんに多くみられ、日和見(ひよりみ)感染(健康人には病気を起こさない菌が、抵抗力の弱い患者さんに感染症を起こす)と考えられています。

症状の現れ方

 大人の股、腋の下、足の指の間、お乳の下、お尻の割れ目などにできやすく、軽い赤みのある褐色斑(かっしょくはん)で、少しかゆみがあり、糠状(ぬかじょう)・粉状の皮がついています(図53)。足趾の間では皮膚がふやけて白くなります。

検査と診断

 ウッド灯(長波長の紫外線を出す蛍光管)で病変部を照らすと、サンゴのような赤色の蛍光を認めます。白癬(はくせん)、カンジダ症、癜風(でんぷう)、脂漏性(しろうせい)皮膚炎などとの区別が必要ですが、ウッド灯での赤色蛍光で区別できます。

治療の方法

 一部の抗真菌薬、エリスロマイシン、あるいはテトラサイクリン薬の軟膏またはクリームを塗ります。範囲が広い場合には、エリスロマイシンあるいはテトラサイクリンを内服します。

図53 紅色陰癬(右そけい部)

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について