日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

皮膚の病気:代謝異常、形成異常などの皮膚病

顔面播種状粟粒性狼瘡

がんめんはしゅじょうぞくりゅうせいろうそう、Lupus miliaris disseminatus faciei

宇谷 厚志

どんな病気か

 現在欧米では、顔面播種状粟粒性狼瘡という病名は使われず、酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)と考えられています。また出現部位により、口囲(こうい)皮膚炎、眼囲(がんい)皮膚炎などと呼ばれています。

原因は何か

 顔面に生じる酒さ様皮膚炎で、組織的に肉芽腫(にくげしゅ)(コラム)があるため、以前は結核(けっかく)菌への遅延型反応と考えられましたが、現在では否定されています。

症状の現れ方

 額、眼瞼(がんけん)、頬、鼻側に、左右対称に大豆大までの単調な丘疹(きゅうしん)、小結節、膿疱(のうほう)、時に中央臍窩(さいか)(くぼみ)があり、瘢痕(はんこん)を残します。暗赤褐色を示し、ガラス板で丘疹を圧迫すると黄色調が観察できます。

検査と診断

 乾酪壊死(かんらくえし)(チーズ=乾酪に似た黄白色で乾燥性の壊死)を伴う肉芽腫性の変化がみられます。区別すべき疾患としては、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)、ステロイド酒さ、アトピー性皮膚炎脂漏性(しろうせい)皮膚炎があります。

治療の方法

 テトラサイクリン、DDS(レクチゾール)の数カ月間の内服が有効です。慢性で、治ったあとに軽い瘢痕が残りますが、1年以内に目立たなくなります。

病気に気づいたらどうする

 皮膚科を受診します。

肉芽腫性炎症(にくげしゅせいえんしょう)

 生体のさまざまな組織反応のなかで、組織球の密な浸潤(しんじゅん)が組織学的に証明されれば、肉芽腫と診断します。おおまかに、中心に乾酪壊死(かんらくえし)(チーズ=乾酪に似た黄白色で乾燥性の壊死)を伴うものを類結核性肉芽腫(るいけっかくせいにくげしゅ)、壊死のないものをサルコイド肉芽腫といいます。

 さまざまな病因により生じますが、大きく分けて感染性のものと非感染性のものとがあります。

 感染性では、結核(けっかく)(乾酪壊死)、ハンセン病(神経周辺の肉芽)、梅毒(ばいどく)(形質細胞をもつ)、猫ひっかき病(大きな肉芽)、非定型抗酸菌症(ひていけいこうさんきんしょう)(プール肉芽腫症など)があげられます。ほかに免疫、全身状態などにより、真菌、細菌、ウイルスでも肉芽腫性炎症を起こすことがあります。

 非感染性肉芽腫の異物肉芽腫は、シリカ(タルク(手術手袋の粉)、スレート、レンガ、コールの成分、シリカの吸入など)、ベリリウム(全身性ベリリウム症)、ジルコニウム(デオドラント剤、腋窩(えきか)に発生)で起こります。ウニによる刺傷、脂肪(アテローマ破裂による)、入れ墨によって引き起こされることもあります。

 サルコイドーシス、肉芽腫性口唇炎、環状肉芽腫(かんじょうにくげしゅ)、脂肪類壊死症(しぼうるいえししょう)、サルコイド反応なども非感染性肉芽腫に入ります。

宇谷厚志

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について