日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

皮膚の病気:膠原病と類症

亜急性皮膚エリテマトーデス

あきゅうせいひふエリテマトーデス、Subacute cutaneous lupus erythematosus

衛藤 光

どんな病気か

 環状連圏状紅斑(かんじょうれんけんじょうこうはん)と丘疹鱗屑状皮疹(きゅうしんりんせつじょうひしん)という、特定の皮膚症状を示すSLEの亜型です。白人女性に多くみられ、米国ではエリテマトーデス全体の9%を占め、うち白人女性が85%を占めます。

 皮膚の症状は欧米では環状連圏状型と丘疹鱗屑型がほぼ同頻度ですが、日本では環状連圏状型が多くみられます。日光過敏性が症例の85%にあり、皮膚症状の発現には日光が関係するとされています。症例の20%にDLE、20%にSLEを合併します。白血球の型のHLA‐B8、DR3との高い相関が報告されていますが、日本ではこの相関は認められていません。

原因は何か

 不明ですが、皮膚症状の発現に人種差が大きいことから遺伝的要因が関係しているようです。発症の誘因として紫外線が関係するとされています。

症状の現れ方

 顔面、上肢、体幹に環状から連圏状の紅斑、または丘疹状で鱗屑(皮膚表面の白いかさかさ)を伴う発疹が多発してきます。SLEにみられるほかの皮膚症状や全身症状を伴うことも少なくありません。

検査と診断

 特徴的な皮膚症状から診断しますが、シェーグレン症候群などとまぎらわしい場合があります。なるべく早く皮膚科を受診してください。血液検査では抗核抗体のうち、抗SS‐A抗体が高率に認められます。本症は軽症のSLEに出現する特定の皮膚症状の一分類と理解するとわかりやすいでしょう。

治療の方法

 欧米ではキノホルムやクロロキンが使われますが、日本では使えないため、ステロイド薬の内服が第一選択となります。通常は少量でも十分効果的です。

病気に気づいたらどうする

 日光を避けて皮膚科を受診し、皮膚の検査(生検)と血液検査を受けてください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について