日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

内分泌系とビタミンの病気:ビタミンの病気

ビタミンB2欠乏症

ビタミンB2けつぼうしょう、Vitamin B2 deficiency

菅原 明

原因は何か

 ビタミンB2は、エネルギー産生に重要なミトコンドリアの電子伝達系の補酵素(酵素の作用発現を助ける物質)としての機能をもった水溶性ビタミンです。

 欠乏症は、慢性アルコール依存症や長期の感染症などで現れます。また、大量の抗生剤、精神安定薬や副腎皮質ステロイド薬などが投与された時にも現れることがあります。

症状の現れ方

 口角炎(こうかくえん)、口唇炎(こうしんえん)、口内炎(こうないえん)や舌炎(ぜつえん)が発症します。眼の症状(流涙(りゅうるい)、羞明(しゅうめい)(まぶしがる)、結膜炎(けつまくえん)、硝子体混濁(しょうしたいこんだく)、角膜(かくまく)血管新生)や脂漏性(しろうせい)皮膚炎も認められ、重症になると性格変化や知能障害が現れることがあります。

検査と診断

 尿中のビタミンB2排泄量を測定し、1日40μg以下であれば欠乏症です。血中のビタミンB2濃度の測定も行われます。

治療の方法

 ビタミンB2の1日所要量は成人男性で1.2㎎、成人女性で1.0㎎とされています。ビタミンB2を1日10㎎経口投与すると症状は完全に改善します。他のビタミン欠乏を伴うことも多く、その場合は総合ビタミン剤が必要になります。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について