日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

男性生殖器の病気:陰茎の病気

嵌頓包茎

かんとんほうけい、Paraphimosis

武田 光正

どんな病気か

 真性(しんせい)包茎で包皮が狭い状態である時に、無理に包皮をめくって循環障害を起こし、著しい浮腫(むくみ)を起こした状態です。

治療の方法

 治療が遅れて浮腫が強まり、用手的整復が不可能な場合には手術が必要なので、すぐに泌尿器科を受診してください。

 まずは用手的に整復を試みます。親指で亀頭を押しながら、両方の人差し指と中指でめくれてはれた包皮をはさみ、元にもどします。

 用手的にうまくいかない場合は、絞扼(こうやく)部の包皮を切開し、とりあえずむくみを取る必要があります。むくみが改善してから包茎の手術(環状切開術)を行います。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について