日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

腎臓と尿路の病気:尿管の病気

重複腎盂尿管

じゅうふくじんうにょうかん、Double renal pelvis and ureter

坂本 善郎

 尿路系の奇形は、奇形のなかで最も多いといわれていますが、なかでも重複腎盂尿管は最多のものです(約20人に1人の割合)。通常は無症状で、超音波や静脈性腎盂造影を行って初めて指摘されます。

 腎盂が2つあり、尿管も下端まで2本あるものを完全重複腎盂尿管といい、尿管が途中で合流して尿管口がひとつの場合は不完全型重複腎盂尿管といいます。

 ヒトの発生第5週末には、後腎といわれる、のちの永久腎が形成されます。それと同時期に、尿管芽(にょうかんが)といわれる集合管、乳頭管、腎杯、腎盂、尿管が形成されていきます。重複腎盂尿管はこの尿管芽が早期に二分された場合に発生します。

 尿管異所開口膀胱尿管逆流などが合併していなければ、とくに治療の対象にはなりません。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について