日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

腎臓と尿路の病気:尿管の病気

尿管瘤

にょうかんりゅう、Ureterocele

坂本 善郎

 尿管口の粘膜が狭窄(きょうさく)を生じたことにより、尿管下端が膀胱内に嚢状(のうじょう)に拡張した病気です。女性に多く、左側に多く発症します。

 静脈性腎盂撮影では、膀胱内にこぶ状の陰影欠損がみられ、コブラ・ヘッド・サインといわれる所見が認められます。こぶといわれる嚢状のなかに、結石を合併することもあります。尿管開口異常(尿管異所開口)を合併することもあります。

 症状はとくになく、偶然発見されることもあります。治療は嚢状のこぶの一部を内視鏡的に切開するだけで改善します。嚢をあまり大きく切除すると、膀胱尿管逆流現象を起こすことがあるといわれています。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について