日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

食道・胃・腸・肛門の病気:胃・十二指腸の病気

胃アニサキス症

いアニサキスしょう、Gastric anisakiasis

桑山 肇

どんな病気か

 アニサキス類(アニサキス、シュードテラノーバなど)の幼虫が寄生した魚類(マサバ、スケソウダラ、マアジ、スルメイカなど)を食べることによって発症する病気です。

 これら寄生虫は、海の哺乳動物(イルカなどの歯鯨類(はくじらるい)やアザラシなどの鰭脚類(ききゃくるい))を終宿主(しゅうしゅくしゅ)として、これらの動物の胃に寄生しています。そして、海水中に虫卵が排出され、海水中で第2期幼虫にまで発育し、第1中間宿主のオキアミなどの海産甲殻類に捕食され、その後、海水魚やイカなど約200種類もの2次宿主(第2中間宿主)に食物連鎖として食べられます。これらの魚類をヒトが食べて感染します。

 感染したアニサキス類の幼虫が、胃の粘膜へ入り込んで発症する場合を胃アニサキス症といいます。

症状の現れ方

 食後数時間以内に、急激な上腹部痛や嘔吐などの症状で発症します。腹痛は、幼虫の胃粘膜への刺入による機械的刺激よりも、むしろアレルギー症状によると考えられています。まれに、アナフィラキシーショック症状(急激な呼吸困難や血圧低下など全身的な生死に関わる症状)に陥ることもあります。

検査と診断

 症状の起こる数日以内に新鮮な魚類を食べたかどうか、具体的には胃内視鏡検査で虫体を確認することで容易に診断できます。多くの場合、虫体が粘膜に刺入した盛り上がりが確認できます。

治療の方法

 胃内視鏡検査で虫体が確認されれば、その場で摘出します。確認できなくても、新鮮なイカなどを食べていて、この病気が強く疑われる場合は、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の投与によって症状は軽快し、予後は良好です。

病気に気づいたらどうする

 新鮮な魚類を食べたあとに、突然の腹痛や嘔吐が起きたら、あわてずに内視鏡検査の可能な医療施設を受診してください。夜間など、すぐに受診できない場合は、症状の程度にもよりますが、翌日に受診してもよいでしょう。

 ヒトは、アニサキス類の好適宿主ではありません。そのため、ヒトの消化管では成虫に発育することはありませんが、いろいろな症状を示すことより、アニサキス症は重要な寄生虫病になっています。生鮮魚介類を好む日本人の食文化と密接な関係がある病気で、最も多い感染源はシメサバやイカです。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について