日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

口・あご・歯の病気:義歯・ブリッジ・歯冠修復

磁性アタッチメント

じせいアタッチメント、Magnetic attachment

羽村 章

磁性アタッチメントとは

 磁性アタッチメントとは、磁石の力を利用して入れ歯を支台歯(しだいし)(支えとなる歯)に連結し、その維持、安定を図る装置のひとつです。基本形態としては、入れ歯に磁石を埋め込み、これにくっつくキーパーと呼ばれる磁性ステンレス鋼を歯の根に土台として埋め込みます(図46)。

利点と欠点

 普通の入れ歯は、あごの形や歯の位置の状態によってがたつきやすくなったり、長く使用することによって、バネなどが変形してしまうことがあります。これに対して磁性アタッチメントには、

 ①長期間の使用においても壊れにくく維持力が失われない。

 ②キーパーの厚さや磁石とキーパーとの間隔を変えることで、維持力のコントロールが確実かつ簡単にできる。

 ③どの方向からも入れ歯を出し入れできる。

 ④見た目がよい。

 ⑤できあがった入れ歯は複雑な形ではないので、取り扱いが簡単である。

 ⑥入れ歯を取り外す時に歯に余分な力がかかりにくい。

 などの利点があります。

 欠点としては、

 ①磁石を入れるためのスペースが義歯に必要であり、義歯床が薄くなると義歯破折(ぎしはせつ)の危険がある。

 ②義歯の下に歯の根があるため、むし歯歯周病(ししゅうびょう)を防ぐための歯ブラシがかけにくい。

 ③歯科医療保険の適応外の治療で、費用が高くなる。

 などがあげられます。

図46 磁性アタッチメント

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について