日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

口・あご・歯の病気:あごの病気

根尖性歯周炎

こんせんせいししゅうえん、Apical periodontitis

福田 仁一

どんな病気か

 う蝕(しょく)むし歯)から歯髄炎(しずいえん)を起こし、さらに根の先に向かって炎症が進み、根の先から周囲にまで及んだ炎症で、初めは歯に痛みが出てくる病気です。

原因は何か

 口内細菌による、う蝕からの歯髄炎や、治療後の歯が再び悪化することにより起こります。

症状の現れ方

 原因となる歯を叩くと痛みがあります(打診痛)。歯は浮いた感じがして、軽度の動揺(グラグラすること)や持続性の鈍痛があります。

 歯ぐきがはれ、さらに進むと痛みを伴って唇や頬まではれてきて、歯ぐきにうみがたまるようになります。

検査と診断

 歯を叩いてみます。原因と思われる歯をX線写真で調べたり、血液検査(白血球数など)で炎症の程度を調べます。

治療の方法

 歯の根の治療をして、腐敗産物の排出路を作ります。さらに抗菌薬を投与します。

病気に気づいたらどうする

 う蝕や以前に治療した歯が痛む時は、早めに歯科医院を受診しましょう。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について