日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

口・あご・歯の病気:唾液腺の病気

ミクリッツ病

ミクリッツびょう、Mikulicz's disease

近藤 壽郎

どんな病気か

 シェーグレン症候群に類似の唾液腺(だえきせん)疾患とされています。

原因は何か

 良性の病変で、唾液腺や涙腺(るいせん)にリンパ球が浸潤(しんじゅん)することで、慢性の炎症に類似した様相となります。病理学的にはシェーグレン症候群に類似しています。リンパ球の浸潤の原因は不明です。

症状の現れ方

 性別では、男女で現れ方や、現れる頻度に差はありません。口腔や目の乾燥感は強くありません。むしろ唾液腺や涙腺が両側性または片側性にはれる症状が現れます。腫脹(しゅちょう)部には痛みはありません。

治療の方法

 副腎皮質ステロイド薬による薬物治療が行われます。口腔外科専門医、眼科専門医、耳鼻咽喉科専門医にご相談ください。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について