日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

口・あご・歯の病気:舌の病気

舌癒着症(舌小帯短縮症)

ぜつゆちゃくしょう(ぜつしょうたいたんしゅくしょう)、Ankyloglossia (Tongue-tie)

近藤 壽郎

どんな病気か

 舌の下面には舌のほぼ先端から口底部にかけて、舌小帯という薄いひだ状の構造があります。正常な状態では、舌の運動、とくに発語時、嚥下(えんげ)時にこの舌小帯が舌の運動を邪魔するようなことはありません。

 しかしまれに、この舌小帯が太く短い場合があり、舌が舌小帯によって口底部方向に固定され、舌全体が動きにくい状態となることがあります。

原因は何か

 先天的な異常ですが、遺伝様式は明らかではありません。

症状の現れ方

 2~3歳になって発音(とくにラ音、サ音)がうまくできないという症状で気づくことが多いようです。「舌っ足らず」な発語といえます。

検査と診断

 舌の形が真んなかでひきつれた逆ハート型になっていて、舌を前へ突出させるとさらにハート型がはっきりします。

治療の方法

 舌小帯進展手術という小手術によって、短い舌小帯を伸ばすことで完治します。口腔外科専門医、または小児歯科医に相談することをおすすめします。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について