日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

口・あご・歯の病気:舌の病気

溝状舌

こうじょうぜつ、Fissured tongue

里村 一人

どんな病気か

 舌の表面に多数の溝がある状態です(図15)。溝の数、走向、深さはさまざまで一定していません。年齢とともに溝が顕著になる傾向があります。

原因と症状の現れ方

 舌の表面に溝そのものができる原因についてはわかっていません。自覚症状がないことも多いのですが、溝が深い場合には、溝の内部や底が不潔になりやすいために軽い炎症が起こることがあります。この場合には、舌に痛みを感じることがあります。また、地図状舌(ちずじょうぜつ)を合併していることもあります。

 溝状舌に、顔面神経麻痺肉芽腫性口唇炎(にくげしゅせいこうしんえん)を合併している病気があり、メルカーソン・ローゼンタール症候群と呼ばれています。

治療の方法

 症状がない場合は放置しておいても問題はありません。日ごろから溝の内部が不潔にならないように、舌ブラシなどを用いて清掃したり、うがいをするとよいでしょう。炎症のため症状がある場合には、殺菌効果のあるうがい薬(イソジンガーグルなど)が効果的です。

図15 溝状舌

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について