日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

口・あご・歯の病気:舌の病気

毛舌

もうぜつ、Hairy tongue

井原 功一郎、後藤 昌昭

どんな病気か

 舌の表面が毛の生えたような状態になる病変です(図13)。典型的な状態が黒色であることから、黒毛舌(こくもうぜつ)や黒舌症(こくぜつしょう)ともいわれます。しかし、白色を示すこともあります。

原因と症状の現れ方

 この病変の原因は明らかではありませんが、喫煙や化学物質などの慢性的な刺激によって起こると考えられています。また抗生物質を長期間服用した場合にもこの病変を生じることがあることから、口腔内細菌叢(そう)の変化によるものとも考えられます。

 糸状乳頭(しじょうにゅうとう)が長くなるため、舌に毛が生えたような不快感がありますが、ほかには自覚症状はありません。

治療の方法

 治療法は、原因と考えられるものを除去することです。原因を取り除くと1週間~1カ月程度で自然に治ります。歯をみがいたあとに軽く歯ブラシで舌の汚れを取り除くようにして、口のなかを清潔にすれば治りも早くなります。

図13 毛舌

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について