日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

耳・鼻の病気:鼻の病気

鼻腔異物

びくういぶつ、Foreign body in nasal covity

飯野 ゆき子、太田 康

どんな状態か

 鼻のなかにさまざまな異物が入った状態です。異物の種類としては豆類、おもちゃ類、ビーズ、パチンコ玉、ティッシュペーパー、ガーゼなどがあります。

 ほとんどが小児で2~3歳に多く、遊んでいる間に自分で入れてしまうことが多いようです。成人では、精神障害や認知障害のある人が故意に入れてしまう場合があります。

症状の現れ方

 家族が鼻のなかに異物を入れたことを目撃した場合はすぐわかりますが、そうでない場合は気づかないことがあります。鼻づまりや鼻汁が多くなった、あるいは鼻がにおうなどの症状があり、耳鼻咽喉科を受診し、初めて異物が見つかることが多いようです。

検査と診断

 鼻鏡検査で異物が観察されることがほとんどです。

治療の方法

 しっかりと固定して座らせ、頭を保持して鼻鏡下で鉗子(かんし)類を用いて異物を取り出します。取り出す際は、異物が後鼻腔(こうびくう)へ落ちると気道異物になることもあるので、注意深く行います。

病気に気づいたらどうする

 鼻腔の異物は、耳鼻咽喉科医でなければとれません。必ず耳鼻咽喉科を受診しましょう。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について