日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

耳・鼻の病気:外耳の病気

袋耳

たいじ、Cryptotia (Pocket ear)

中山 明峰

どんな病気か

 耳介(じかい)の上部が頭の皮膚の下に入り込んでしまう先天奇形で、家族内で遺伝的にみられることがあります(図3)。埋まっている耳介を引っ張り出すと簡単に耳介が出てきますが、指を離すとまた元の状態にもどってしまいます。

 片耳に発生している場合が多く、正常な側に比べると、耳介にも奇形がみられることがしばしばあります。

 この疾患は美容上の問題だけでなく、眼鏡やマスクの装着が難しくなることもあるので、積極的な治療を受けたほうがよいでしょう。

治療の方法

 乳幼児期においては、手術をしないで矯正で治すことができます。矯正はワイヤ、スプリントなどを使い、皮膚を伸ばして耳介を引っ張り出します。

 矯正する場合は、耳介軟骨が軟らかい生後間もなくから幼児期に行うことが重要です。5歳以降になるときれいに治らなくなる可能性が高くなり、手術を受けることになります。

図3 袋耳

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について