日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

耳・鼻の病気:外耳の病気

副耳

ふくじ、Accessory auricle

中山 明峰

どんな病気か

 耳介(じかい)の先天奇形のなかで、最も頻繁にみられるものです。一般的には耳介の前方に隆起物として認められます(図2)。隆起はひとつのこともあれば、複数のこともあります。

 隆起物のなかは、軟らかい組織のみのものと、軟骨を含んでいるものとがあります。

治療の方法

 隆起物が軟らかい組織だけであれば、切除する比較的簡単な手術ですみます。しかし軟骨が含まれている場合、ある程度深いところまで軟骨を除去しないと、術後に隆起が残る場合があります。

 手術する時期としては、安全に全身麻酔をかけられる年齢であれば時期にこだわる必要はありません。一般的には、美容的目的で就学前に希望される人が多いようです。

図2 副耳

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について