日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

眼の病気:結膜の病気

慢性結膜炎

まんせいけつまくえん、Chronic conjunctivitis

森 秀夫

どんな病気か

 急性結膜炎の症状がゆるやかながら長く持続(数週間から場合によっては数年以上)する状態です。

原因は何か

 細菌感染やアレルギー、涙液(るいえき)分泌低下(ドライアイ)などによります。

症状の現れ方

 常に、結膜の充血、目やに(眼脂)、異物感、掻痒感(そうようかん)などの不快な症状があります。時々、症状がひどくなることもあります。眼瞼(がんけん)結膜(まぶたの裏側)にぶつぶつ(乳頭)ができたり、小さな砂状の結晶(結膜結石)ができることもあります(図13)。

検査と診断

 眼脂のなかの細菌培養や、結膜からこすりとった細胞のサンプルや、眼脂構成成分の顕微鏡検査などを行います。ドライアイが疑われれば、涙液分泌能検査を行います。

治療の方法

 細菌性では抗菌薬の点眼をします。非ステロイド性消炎薬や消炎酵素薬の点眼も行います。アレルギー性では、掻痒感の強い場合は、初めはステロイド薬の点眼で強力に炎症を抑え、次いで非ステロイド性の抗アレルギー薬、消炎薬や消炎酵素薬の点眼で病状の鎮静化を図ります。

 ドライアイでは、人工涙液の点眼、乾燥予防などを行います。結膜結石は、結膜から露出すると異物感の原因となるので、点眼麻酔をして針先などで除去します。

病気に気づいたらどうする

 ひどくない程度でも不快な症状が持続するようなら、専門医の診察を受けてください。

図13 慢性結膜炎での結膜結石

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について