日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

運動器系の病気(外傷を含む):スポーツ外傷・障害

ボクサー骨折

ボクサーこっせつ、Boxer's fracture

加藤 公

どんな外傷か

 ボクシングや空手などのスポーツで、拳を握った状態で相手や物を殴打することによって、中手骨(ちゅうしゅこつ)(手のひらの骨)が頸部(けいぶ)(こぶしの近く)で折れるものをいいます。パンチ力の強い選手が相手の頭を強く殴打し、正確にナックル(指の関節)で当たっていない場合によく発生します。

 実際には、ボクシングでの発生は意外に少なく、ケンカやゲームセンターのパンチングマシーンによるものがほとんどです。

合併損傷

 まれに腱の損傷を合併し、手術的処置が必要になることもあります。

症状の現れ方

 ボクサーでは示指(じし)(人差し指)や中指に、一般の人では小指や環指(かんし)(薬指)の中手骨に発生することが多く、骨頭が手のひら側に曲がる変形を来すため、整復しないとナックルの消失(いわゆるこぶしがつぶれた状態)になってしまいます。

検査と診断

 手指の付け根にある、握ると盛り上がるこぶしがなくなっていて、疼痛や腫脹(しゅちょう)(はれ)を認めます。X線撮影で中手骨に骨折線を確認します。とくに側面から見た像で骨折の屈曲変形が明らかになります(図36)。

治療の方法

 屈曲変形を手で整復するのは比較的容易に行えますが、整復状態を保持するのが困難なため、多くの場合はピンなどを用いて固定する手術療法を行います。

応急処置や予防対策はどうするか

 応急処置としてアイシングや副子固定を行います。手指の外傷は軽視される傾向にありますが、早期復帰のため、あるいは指の動きが悪くなる、握ると指が重なる、指の力が弱くなるなどの後遺症を避けるためにも、早めに専門医(整形外科・手の外科)を受診してください。予防法としては、正確にナックル部分で当たるように打つこと、厚めのグローブを使用することなどです。

図36 ボクサー骨折

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について