日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

脳・神経・筋の病気:全身疾患に伴う脳神経系の病気

糖尿病に伴う神経・筋障害

とうにょうびょうに伴うしんけい・きんしょうがい、Neuro-muscular disorder associated with diabetes mellitus

栗山 勝

 糖尿病は近年栄養過多と肥満の増加により、急速にその罹患(りかん)率が高まっている慢性の病気です。治療が不十分な場合、血管の変性が進み、さまざまな神経合併症が起こりますが、そのなかでも臨床的に頻度が高いものは、末梢神経障害(ニューロパチー)と脳血管障害です。

 末梢神経障害では、多発性ニューロパチーの型として生じた場合、四肢の末端部のしびれ感や自律神経障害が起こります。また、ひとつの末梢神経が損われる単ニューロパチーとして起こることもあり、動眼(どうがん)神経や外転(がいてん)神経などの障害による眼球運動麻痺が起こることがあります。

 脳血管障害では、糖尿病は脳梗塞(のうこうそく)の重要な発症危険因子としてあげられており、高血圧高脂血症などとともに動脈硬化を進展させる要因であり、血管の閉塞(へいそく)を起こします。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について