日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

呼吸器の病気:肺の病気/その他

気管支嚢胞

きかんしのうほう、Bronchogenic cyst

千田 金吾

どんな病気か

 気管支の先天的な発育異常による嚢胞で、気管支との連絡があることはまれですが、連絡があると二次感染が引き起こされます。嚢胞壁に腺組織があるため、嚢胞内に液体がたまってきます。縦隔(じゅうかく)に発生するものは縦隔腫瘍として扱われます。

 似た病名で気腫性嚢胞(きしゅせいのうほう)というものがありますが、これは肺胞壁の破壊により気腔内に発生した嚢胞です。

 進行性のものはチェックバルブ(吸気は入るが、呼気は出ない現象)がはたらき、X線像では正常の肺が圧迫されてなくなってみえることがあります。上肺野から始まることが多く、自然気胸(しぜんききょう)の原因になります。

治療の方法

 切除が基本です。感染がある場合には炎症の改善後に行います。禁煙は重要です。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について