日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

呼吸器の病気:かぜ症候群

妊婦のかぜ

にんぷのかぜ、Common cold in pregnant women

渡辺 彰

 妊婦はかぜやインフルエンザにはとくに注意を払う必要があります。かぜやインフルエンザそれ自体が胎児へ影響を及ぼすだけでなく、治療に用いる薬剤が胎児に影響を及ぼすことがあるからです。

 抗生剤を使わざるをえない細菌感染の場合でも、テトラサイクリン系やマクロライド系は避け、比較的安全だといわれているペニシリン系やセフェム系を使います。もちろん、母親自体も普段より抵抗力が落ちていますから、ワクチンを含めた予防が大切です。

 米国のCDC(疾病予防管理センター)では、妊娠14週め以降にインフルエンザの流行期を迎える人はワクチンを打っておくよう勧告しています。インフルエンザにかぎらず、かぜは妊婦の大敵です。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について