日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

循環器の病気:冠動脈の病気

無症候性心筋虚血

むしょうこうせいしんきんきょけつ、Asymptomatic myocardial ischemia

代田 浩之、木下 良子

どんな病気か

 狭心症(きょうしんしょう)心筋梗塞(しんきんこうそく)は、発作的に、胸の痛みなどの症状を起こす病気です。しかし、心筋梗塞(しんきんこうそく)のなかに症状を伴わないものがあることは古くから知られています。安定型の狭心症でも心筋の血流不足(虚血)の75%は無症候であり、内服薬で自覚症状がなくなっても、約40%の狭心症例ではなお虚血が発生していることがわかっています。

 このように、心臓の冠動脈が狭窄・閉塞して虚血状態にあっても症状がない病態を無症候性心筋虚血といいます。

原因は何か

 虚血がありながら無症候である原因としては、個人によって痛覚の閾値(いきち)が異なること、エンドルフィンという鎮痛作用などで知られる脳内物質の血中濃度が異なることなどが考えられています。

病型

 3つのタイプに分類されます。

 Ⅰ型は、まったく無症候で、検診などでたまたま見つかる場合です。この型の頻度は、対象となる集団によって大きく異なりますが、米国の報告では2.5~4.5%くらいとされています。疫学調査で、この集団の長期予後は虚血のない集団に比べて劣ることが示されています。

 Ⅱ型は、心筋梗塞後で無症状ながら検査で虚血が証明される場合です。梗塞後の30~40%の症例で認められます。症状のある場合と同等のリスクがあります。

 Ⅲ型は慢性の狭心症で、症状がある時とない時がある症例です。このような症例の頻度は高く70~90%といわれています。

検査と診断

 Ⅰ型では、主に健康診断などの運動負荷試験で検出されます。また、Ⅱ型やⅢ型でも診断法として運動負荷試験とホルター心電図が汎用されますが、虚血を特異的に検出する方法として心筋シンチグラムを併用することが有用です。虚血が明らかになった場合、冠動脈造影で確認します。

治療の方法

 無症候性心筋虚血を対象としたいくつかの臨床試験によって、ベータブロッカー(β遮断(ベータしゃだん)薬)によって虚血を軽減し、予後を改善することが示されています。冠動脈のけいれんが関与していると考えられる場合は、カルシウム拮抗薬の服用を考えます。いずれの場合も抗血小板剤を併用します。

 ニトログリセリンなどの硝酸薬は、症状がある時に使用されることが多いですが、無症候性虚血に対しても有効であるとの報告があります。

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について