日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

家庭の医学

循環器の病気:血圧の病気

高齢者の高血圧

こうれいしゃのこうけつあつ、Hypertension in the elderly

長谷川 浩、秋下 雅弘

どんな病気か

 60歳代の約60%以上、70歳以上の70%以上が高血圧にかかっていると考えられており、受診率も全疾患を通じて第1位になっています。加齢とともに収縮期血圧(高いほうの血圧)は上昇し、拡張期血圧(低いほうの血圧)はむしろ低下傾向にあります。このため脈圧(高いほうと低いほうの差)のひらきが著しくなります。

 高齢者における収縮期血圧の上昇および脈圧のひらきが大きくなることは、心血管病のリスクとして重要です。

 高齢者はもともと脳循環、冠動脈循環、腎血流などの主要臓器の血流量は低下し、さらに各臓器の血流自動調節能は障害され、血圧下限値が高血圧側に動いています。そのため、急激に血圧を下げすぎることは、これらの臓器の血流障害をもたらす可能性があるので、とくに脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)の既往のある患者さんでは、よりゆっくり血圧を下げる必要があります。

 加齢に伴い全身の主要臓器の予備能力は低下しますが、高血圧の治療上とくに重要なのは腎機能の低下です。他の特徴として、

 ・マンシェット法(腕にカフを巻き、空気を入れて聴診器で血圧を聞く方法)では見かけ上高く評価される可能性があること

 ・聴診器で血管音が聞きとりにくいことがあること

 ・血圧が動揺しやすいこと

 ・起立性(きりつせい)低血圧や食後性低血圧例の増加

 ・血圧日内変動の変化‐夜間非降圧型および過度降圧型の増加(無症候性脳梗塞の頻度の上昇)

 ・早朝の昇圧例の増加

 ・白衣高血圧(コラム)の増加

 があります。

検査と診断

 高齢者の高血圧の診断基準も一般成人と同様に140/90㎜Hgとされています(表7)。しかし、いくつかの臨床研究では160/95㎜Hg以上で薬物治療が行われており、140/90㎜Hg以上という値が降圧治療の対象血圧値というわけではありません。

 高齢者の高血圧では、動揺性が著しいため、日を変えて繰り返し血圧を測定し、常に高いことを確認する必要があります。起立性低血圧の頻度が増すため、立位血圧(起立後3分以内の血圧)の測定が重要で、治療開始前、治療開始後に必ず行います。

 24時間血圧測定(ABPM)が有用ですが、1日に何回か測定する家庭血圧も参考になります。

治療の方法

 治療を行う際の基準値の1例を表7に示します。

 治療法としては次のとおりです。

 ①食事療法

 高齢者は食塩に感受性が高く、減塩は有効です。また、肥満者では減量も有効です。しかし、あまり減塩を強くすすめると、長年の食習慣から塩味の少ない食事を食べなくなることもあるので注意します。

 ②運動療法

 心拍数110拍/分程度の運動は60歳以上の高齢者にもよい適応ですが、心臓の状態、骨や関節の状態に合わせて行います。

 ③お酒、たばこ

 日本酒で1日2合程度、たばこに関しては基本的には禁煙とします。

 ④降圧薬療法

 ほかに合併症のある場合とない場合で治療法が変わることがあります。

 それぞれを図4表8に示します。実際の処方は患者さんの病態、合併症を考えて決定されます。

表7 高齢者の高血圧の降圧目標
図4 高齢者高血圧の治療計画
表8 合併症を有する高齢者高血圧に対する降圧薬の選択
白衣高血圧(はくいこうけつあつ)と仮面高血圧(かめんこうけつあつ)

 白衣高血圧

 医師の前では、精神的緊張のために血圧が上昇しがちです。このように、普段は正常血圧なのに診察室でだけ高血圧の基準を満たす状態を白衣高血圧と呼びます。携帯型24時間血圧計あるいは家庭血圧(コラム)の測定により白衣高血圧か本来の高血圧かが鑑別可能です。

 白衣高血圧自体は病気というより一種の現象で、多くの場合は脳卒中(のうそっちゅう)や心筋梗塞(しんきんこうそく)など高血圧性臓器障害にもつながりにくいとされています。したがって、高血圧を指摘された場合、とくに軽症の場合には、安易に降圧薬の服用を開始するのでなく、別の機会にも血圧を測定して白衣高血圧かどうかを確認することが必要です。

 ただし、白衣高血圧の人は将来本当の高血圧になりやすいという研究もあり、減塩など生活習慣の見直しはするべきでしょう。また、普段の血圧も高く診察室ではさらに上昇する“白衣効果”がみられる高血圧の場合には、ストレスで血圧が上がりやすいことを意味し、心血管病に関係する現象として注意が必要です。

 仮面高血圧

 白衣高血圧とはまったく逆のパターンで、診察室での測定では正常なのに対し、早朝や夜間、ストレスがかかった時に血圧が上昇します。仮面高血圧は、代謝異常(肥満、糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドロームなど)を伴いやすく、心臓や頸動脈に高血圧性の臓器障害を発症している危険性があるとされています。正常血圧の人に比べ、心臓血管病の発症の危険性が2~3倍あるといわれています。

 仮面高血圧には、携帯型24時間血圧計あるいは家庭血圧の測定が非常に重要です。早朝高血圧や夜間高血圧は積極的に治療を行う対象となります。

 

長谷川浩、秋下雅弘

随時血圧と家庭血圧

 通常、血圧は診察室で計測されますが、自動血圧計の普及に伴い家庭で血圧を測る機会が増えています。後者の血圧を家庭血圧と呼ぶのに対し、前者のように診察室で測る血圧をオフィス血圧あるいは随時血圧と呼んでいます。

 両者の違いは白衣高血圧や仮面高血圧(コラム)を反映し、平均して家庭血圧は随時血圧よりやや低くなるとされています。そのほか、随時血圧が一定の時刻の血圧(日中の外来受診時)しかみることができないのに対し、家庭血圧では早朝や夜間、運動や食事のあとなど、日常生活のなかで起こる血圧の変化をみることが可能で、より重要だとされています。

 実際、血圧は早朝起床時に高く、深夜に下がるのが一般的ですが、早朝に多い脳卒中(のうそっちゅう)や心筋梗塞(しんきんこうそく)、および夜間のふらつき転倒といった事故予防の観点から、家庭血圧により変動幅をみることは診療するうえで大変参考になります。

 

長谷川浩、秋下雅弘

◎著作権 日経Gooday(グッデイ)の「家庭の医学」検索サービスは、「六訂版 家庭医学大全科」(発行:法研)をデータベース化したものです。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

◎日経Gooday(グッデイ)の免責事項必ずお読みください

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について